土地活用について

土地活用の種類について

駐車場による土地活用

土地活用様々ある土地活用の方法ですが、ここでは駐車場としての土地活用についてみていきましょう。駐車場経営のメリットとしては、青空駐車の場合初期費用が抑えられるので借金をする必要がない、相続が発生した時に分割可能で売却しやすい、わずらわしい面倒がない、1件が小さい金額ですので滞納されるリスクが低いということがあげられます。デメリットとしては、固定資産税、所得税の優遇措置がないので、利益が出れば出るほど税金がかかる、更地のため相続税対策にはならないということがあります。

一般的に、簡単に経営できる反面、メリットは少ないということになります。例えば、公示地価が坪100万円で土地の広さが200坪の更地の場合、固定資産税評価額は、公示地価の70%ですから、100万円×200坪×0.7=1億4000万円ということになります。この評価額に、例えば1.4%の固定資産税と0.3%都市計画税がかかるとすると、1億4000万円×0.017=238万円の税金がかかることになります。

従ってこの場合は、駐車場の収入で年間238万円以上が必要になり、実際のところ駐車場経営で大きな利益を得ることは難しいといえます。ですから利益を得るためというよりは土地の税金を駐車場の収入でまかなう、といった目的の駐車場経営者が多いようです。

 

土地活用は時間貸しの有料駐車場経営

土地活用法の一つに時間貸しの有料駐車場経営があります。勿論場所が大切で、できるだけ大都市の市街地中心部に近いところが有利です。利点は日銭が入ることであるが、他にも青空駐車場の場合には更地であるために地価上昇すればいつでも売却できることが出来ます。これがビル経営等の場合には一度建物を建ててしまうと建付減価が生じてしまい、ベストタイミングの際に最も高価で売却することが出来ません。

月極駐車場でもよいが場所によれば時間貸しの方が収入が多くなります。何故ならば時間単価が高いからです。空スペース損失を少なくするには、長時間駐車するほど時間単価を下げておくといいでしょう。だいたい付近の月極駐車場の月額料金を20で割った額が丸1日駐車したときの料金に設定しておくといいかもしれません。最近のサラリーマンは1ヶ月20日と少ししか出社しないからです。こうすることで毎日時間貸しに駐車しても月極と総額は殆ど変わりません。ただし短時間駐車の場合には単価をかなり高く設定しておきましょう。

そうすることで短時間駐車で高めの収益を得ることが出来ますし、空スペース損失は月極と殆ど同じのために会社勤めの人が最低担保してもらえます。結果は時間貸しの方が高収益となるのです。

土地活用の方法で有効な駐車場経営について

もし、もてあましている土地があるなら、その土地活用を考慮すべきです。土地は、所有しているだけで固定資産税や都市計画税といった税金がかかってしまいます。せっかくの資産ですから、うまく活用して収益を上がるために利用したものです。土地活用の方法としておすすめなのは駐車場経営です。

私が現在勤務している会社は、物流関係の会社でありながら、昨年から不動産分野への進出を図っています。その一環で、駐車場経営を始めました。その売り上げは上々で、土地にかかる税金や運営費を差し引いても、初年度から十分な利益を上げているようです。駐車場経営の成否を握るのは、なんといってもその活用する土地の場所によるところが大きいと思います。

田舎の土地だと難しいかもしれませんが、もし都心部に土地を持っているとしたら、迷わず駐車場経営を行なうべきだと考えます。確実に需要はあるので、多少駐車料金を上げても利用客は後をたたないはずです。

Top