土地活用について

土地活用の種類について

駐車場による土地活用

土地活用様々ある土地活用の方法ですが、ここでは駐車場としての土地活用についてみていきましょう。駐車場経営のメリットとしては、青空駐車の場合初期費用が抑えられるので借金をする必要がない、相続が発生した時に分割可能で売却しやすい、わずらわしい面倒がない、1件が小さい金額ですので滞納されるリスクが低いということがあげられます。デメリットとしては、固定資産税、所得税の優遇措置がないので、利益が出れば出るほど税金がかかる、更地のため相続税対策にはならないということがあります。

一般的に、簡単に経営できる反面、メリットは少ないということになります。例えば、公示地価が坪100万円で土地の広さが200坪の更地の場合、固定資産税評価額は、公示地価の70%ですから、100万円×200坪×0.7=1億4000万円ということになります。この評価額に、例えば1.4%の固定資産税と0.3%都市計画税がかかるとすると、1億4000万円×0.017=238万円の税金がかかることになります。

従ってこの場合は、駐車場の収入で年間238万円以上が必要になり、実際のところ駐車場経営で大きな利益を得ることは難しいといえます。ですから利益を得るためというよりは土地の税金を駐車場の収入でまかなう、といった目的の駐車場経営者が多いようです。

Top