土地活用について

土地活用の種類について

賃貸経営の土地活用

賃貸経営今度は、アパート・マンションの賃貸経営による土地活用について見ていきましょう。アパート・マンションの賃貸経営では、駐車場経営の土地活用よりももっと多くの現金収入が得られ、毎月の安定した生活資金を獲得することができます。税金面の優遇では、更地には1.4%の固定資産税と0.3%の都市計画税がかかってきますが、この税金がアパートやマンションを建てることにより減額されます。

また、相続税も減額されます。相続税は、アパート・マンションの賃貸経営者が亡くなることによりかかりますが、土地をアパート・マンションの賃貸として利用している場合は、土地は貸家建付地の評価減、建物は建物の評価減という措置を受けることができるためです。さらに、所得税の減額もあります。アパート・マンション経営では、建物、設備などの資産はその価値が年々減少していくため、その減少分を必要経費として処理することが認められています。

この経費は、原価償却費といって必要経費に含めることができ、家賃収入から差し引くことが可能となります。この結果、家賃収入の所得が減ることになり、所得税も少なくなります。気になるアパート・マンションの需要ですが、高齢者の需要が高まっていること、結婚後は経済状況から持ち家より賃貸の方を考えている人の方が多い、ということでしばらくは需要もありそうです。

Top