土地活用について

土地活用の種類について

土地活用の方法

土地売却土地活用の方法はいろいろありますが、ここではそのいくつかをご紹介します。まず思いつくのが、土地の売却です。最も簡単な方法で不動産会社が仲介して購入希望者を募ることになります。即時の現金化が可能ですが、諸費用や税金がかかります。

次に等価交換という方法もあります。これは、土地を不動産会社に提供して不動産会社が建物を建て、その建物のうち提供した土地の評価額と同じ分を取得するもので、資金なしでも賃貸経営が可能で、税金の優遇も受けられます。ただし、土地の一部を手放す必要があり、減価償却はできないのがデメリットです。

他には駐車場経営もあります。これは、土地を駐車場として賃貸するもので、特に青空駐車の場合は初期費用が抑えられ、転用も容易にできますが、税に関するメリットは少ないというデメリットがあります。定期借地という聞きなれない方法もあります。これは、50年以上の長期間土地を貸すことで、税制上の優遇があり、借り入れの必要もありません。ただし、土地の転用が長期間できず、収益も低めになるのがデメリットです。一番多い土地活用がアパート・マンションの賃貸経営です。

土地にアパートやマンションなどを建て賃貸経営をしていくものですが、税制面での優遇が多く、安定した収益を得ることができます。ただし、最近は空き室が目立ってきていますのでリスクは高く、売却損の可能性もあります。この他、オフィス・商業ビル建設、ローサイド店舗経営などありますが、これらは非常に大きな土地の場合に限ります。

Top